RSS
Admin
Archives

オプチカル ボアールBLOG  人生が変わるメガネを提案いたします

神奈川県厚木市戸室5-1-35 火曜定休  営業時間AM10:00~PM8:00   Tel 046-225-1686

リンク
プロフィール

opticalvoir

Author:opticalvoir
■営業時間
AM10時~PM8時
定休日:火曜日

■駐車場あります
(店舗横駐車できます)

■クレジットカードご利用頂けます
VISA 
MasterCard
JCB
AMEX
※paypayも利用可

■ブログ内の画像の無断転載を禁止致します

ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2019.06
06
Category : レンズの話
乱視度数が強い方のリーディンググラス(読書用眼鏡)はちょっと気を使います。

人の目は近くを見るときに少し寄り目になります
と、同時に回旋運動によって角度が少し変化します

大体5度前後角度が変わると言われております(個人差あり)
例を挙げますと遠くを見た時に右目乱視90度だとします
近く見ると回旋で85度ぐらいに変化します
という訳で加工時に乱視角度を変えて作ります。

『なんだ、5度ぐらいか』と思われるかもしれませんが
5度ずれると乱視の補正効果は20%程落ちるので注意が必要なんです
乱視度数が弱ければ体感的にそれほど変化ございませんが

C-3.00とか強度になると5度のズレは -2.40ぐらいしか補正できません
足らない分は目が調節力を使うので疲れやすくなることがあります。

なんでこの話になったかと言うと
今日は強度乱視加工が3つ続いたからなんです。

少しでも快適に使っていただくには大事な事です。
偉そうに書く事でもないのですがこの回旋の事を考えて
加工しているところがとても少ないと聞いたので書いてみました。

Comment

非公開コメント