lafont取扱店 <% sub_title> - レンズの話

『近くを見る』事の対策について

40歳から調節力がだんだん落ちてきます
そして自覚として45歳前後で老眼対策が必要になります。

PC・スマホを殆ど使用しない方は大丈夫ですがこれらを日常的に使用する方は
30歳から45歳まではサポート系のレンズでカバーするとして45歳からどうするか!?

普段裸眼の方はご自分の指紋が30センチで見ずらいようでしたら老眼対策が必要です。
近視の眼鏡を掛けている方は眼鏡を掛けたままで30センチ見てください
(※眼鏡を外した状態ではございません、掛けたままの確認が結果でございます)
見ずらかったら同じく何かしら老眼対策が必要です。


本当は45歳から遠近両用レンズ導入していただくがベストなのですが
ちょっと抵抗があるかな?^^
タイムラグがあって50歳から遠近両用レンズが多いようです。

ただ、遠近レンズは早めに掛けてしまった方が吉です
理由は『若いうちの方が慣れやすい』これにつきます。

60歳ぐらいになって考える方もいらっしゃいますが慣れるのが大変です
早め早めが絶対良いのが遠近両用です。後回しにして良いことは殆どありません。


お勧めの遠近レンズですがHOYAさんのインディヴィジュアル(オーダーレンズ)か、
フランスのバリラックスシリーズ。

HOYAさんのインディヴィジュアルは既に当店でもリピーターが沢山でして
皆様『すごく見やすい^^』とご好評頂いております

バリラックスは流石世界一の販売枚数を誇るメーカーだけあってこちらも人気があります
あと、バリラックスは『見え方安心保障制度』があるメーカーでして
『もう少し近くの度数を強めにして欲しい』
『揺れの少ないタイプの方に変えて欲しい』などなど
保証で作り直しもしてくれるので安心してお買い上げいただけるのが特徴です。

cp_varilux_201810_20181116160503309.jpg

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment