RSS
Admin
Archives

オプチカル ボアール 公式BLOG (メガネとギャラリーのお店)

神奈川県厚木市戸室5-1-35 火曜定休  営業時間AM10:00~PM8:00   Tel 046-225-1686

リンク
プロフィール

opticalvoir

Author:opticalvoir
4月のお休み

 2日(火)
 9日(火)
16日(火)
17日(水)
23日(火)
30日(火)

■営業時間
AM10時~PM8時
定休日:火曜日

■駐車場あります
(店舗横駐車できます)

■クレジットカードご利用頂けます
VISA 
MasterCard
JCB
AMEX

■ブログ内の画像の無断転載を禁止致します

☆ボアール公式facebook
『オプチカル ボアール』で検索!!

☆ボアール公式Instagram
『opticalvoir2004』で検索!!
 フレーム画像が豊富です

ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
まとめ
2018.09
16
Category : 観た映画
2018090901.jpg
実話です。
第2次世界大戦時、ドイツ占領下のポーランドが舞台で
沢山のユダヤ人を救った夫婦の話です。

今まで沢山世界大戦時が舞台のヒューマンドラマ観ましたが
どの映画もハラハラします。


2018.09
09
Category : 観た映画
私事ではございますが40代最後の1年が始まりました
色々頑張りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

フランス映画を観ました。
観終わってから娘に 『面白かったの!?』 聞かれ一瞬だけ考えてしまいました
fa05ff7f3cd41612_201809081546518d1.jpg
『そうだね・・・悪霊が出てくるなんてちょっとしたハプニングもないけど面白いよ^^』
『ちょっとしたwww』


高校で哲学を教えている女性教師
平凡な毎日・・・・・と言いたいところだけど

一人暮らしの母親から頻繁に電話が来たり
25年連れ添った夫から『好きな若い娘ができたから離婚してくれ』言われたりイライラが尽きない。
それでも淡々と時間は過ぎ、教え子たちと交流があったり可愛い孫が生まれたり
日常は過ぎていく・・・・そんな映画です。

現実からかけ離れた脚本だけが面白い映画ではないと教えてくれるのがフランス映画。

あと、フランス映画は社会問題をリアリティたっぷりに取り上げるのが上手いね。
2018.08
28
Category : 観た映画
今年全然観ていなかったので借りてきました
ガッツリ観るのは今年初w

174934_01.jpg
クリントイーストウッド監督作品
この方の映画は主演も監督のみも含めて外れが少なくて好きー。
もっと列車内シーンが大半を占めると思っていたから創造と違いますが良かった
実話です。

4_20180826175446796.jpg
ちょっと悲しいサスペンス
あまり期待してなかったのだけど中々良かった。

8ab9be76394e98777a70e41dd72a1801.jpg
この映画は家内が観たがっていて
公開時に2人で劇場に行くつもりでしたが我が家で事件が起こってしまい映画どころでなくなって中止w
安定のほっこりした面白さでした。

1505356066_82711986959b9e9220e8fd.jpg
てっきり自伝映画なのかと思っておりまして勘違いしながら観ておりましたw


2018.05
16
Category : 観た映画
510sq2BCulzL.jpg
スペイン映画。
練りに練られた良質の密室殺人トリックが楽しめます。
2018.05
03
Category : 観た映画
3~4か月ぶりにレンタル借りました
5本借りてその内の1本がシャマラン監督の『スプリット』
4217070433.jpg
監督名だけ見て借りたので見始めてから多重人格の映画と知りましたw

23人の人格を持つ多重人格者役の俳優の演技が素晴らしくてのめり込みました
女性の人格から男性の人格に切り替わるシーンなんて
演技が素晴らしすぎて巻き戻して観てしまった

続編楽しみだな。
2017.05
22
Category : 観た映画
CkGf3jCUkAAlucv.jpg

●あらすじ
終末期患者のケアにあたる看護師の男が、
ある患者から安楽死の手助けをしてほしいと言われたことから苦悩する姿を追う。

静かなシーンがず~~っと続く淡々としたドキュメンタリー的な仕上がりです


ラストはビックリします。
2017.05
20
Category : 観た映画
164381_02.jpg
ヨーロッパ大陸の東端にあるという仮想の国ズブロフカ共和国が物語の舞台であり、
とある高級ホテルのカリスマ的コンシェルジュである初老の男と若いベルボーイの交友を描いた作品。


一つ一つシーンの衣装・小道具・セットがクラフト感に溢れ、
製作に携わった人々の連帯感がひしひしと伝わり見事。
カメラワークも完璧でまるで上質な大人の紙芝居を観ているようで楽しかった^^

2017.05
19
Category : 観た映画
51EEjEN4ByL.jpg
『1408号室』を観ました
キング原作映画はけっこう観ておりますが初見です

ホテルのいわくつきの部屋と分かりながら泊まり、何かが起こると言うお話。

ホテル支配人役のサミュエル・L・ジャクソンのセリフの一つ、
部屋で起こるシーンで1つ、合計2つ引っかかる物があり、見終わってからすぐに
ネタばれ・解説サイトを見ましたがこの映画、単純そうでありながら根底に深い事実が隠れておりましたw
2017.05
17
Category : 観た映画
images_20170517112242f1e.jpg
『愛しき人生のつくりかた』はフランスで大ヒットした映画。
おばあちゃん、息子夫婦、孫のお話でちょっとクスっとなります。

(なんか、このテイストどこかで・・・・・・・)とぼんやり観ておりましたが
山田洋二監督の『家族はつらいよ』がよぎりました。
劇中の孫役が妻夫木聡さんに当てはまりますw

どこにでもある家族の問題を映画にしたほっこり映画でした
2017.05
12
Category : 観た映画
320_20170512131843625.jpg
フランスの社会派ドラマ。

『フランスで100万人が観た!!』書いてあって
なんとなく劇中の空気感と映像のタッチの想像がついたが正にドンピシャ。

リストラされた中年男性を描くドキュメンタリーのような映画でした
フランスだけでなく日本でも現実に起きている世界共通の社会問題です。