神奈川県厚木市戸室5-1-35 火曜定休  営業時間AM10:00~PM8:00   Tel 046-225-1686

オプチカル ボアール 公式BLOG (メガネとギャラリーのお店)背景

# オプチカル ボアール 公式BLOG (メガネとギャラリーのお店)

# プロフィール

opticalvoir

Author:opticalvoir
6月のお休み
 
 5日(火) 
12日(火)
19日(火)
26日(火)


●営業時間
AM10時~PM8時
定休日:火曜日

●駐車場あります
(店舗横駐車できます)

クレジットカードご利用頂けます
VISA/MasterCard/JCB/AMEX



ブログ内の画像の無断転載を禁止致します

☆ボアール公式facebook
『オプチカル ボアール』で検索!!

☆ボアール公式Instagram
『ken196909』で検索!!
 フレーム画像が豊富です

ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

# カテゴリー

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 月別アーカイブ

近視の方に『近く見る時は眼鏡外しちゃうねー』と良くお聞きします
となると近視はわざわざ遠近両用レンズは作らなくて良いか?となりますが
正解のような不正解のような・・・・・できれば遠近掛けちゃった方が良い事も多々ありまして。

■一例ですが 60才、眼鏡は近視眼の場合。

 -1Dの方は眼鏡外すと100cmでピントが合います
 -2Dの方は眼鏡外すと50cmでピントが合います
 -3Dの方は眼鏡外すと33cmでピントが合います
 -4Dの方は眼鏡外すと25cmでピントが合います
 -5Dの方は眼鏡外すと20cmでピントが合います
 -6Dの方は眼鏡外すと17cmでピントが合います
 -7Dの方は眼鏡外すと14cmでピントが合います
 -8Dの方は眼鏡外すと12cmでピントが合います
 -9Dの方は眼鏡外すと11cmでピントが合います
-10Dの方は眼鏡外すと10cmでピントが合います


非常にザックリではありますが大体こんな感じです
ここで問題が一つ。左右同じ度数の方は殆どおりません
よって眼鏡を外してみる行為自体目に負担が掛かるだけなのです。
※既製品の老眼鏡は左右同じ度数でレンズ焦点距離も平均値で作っておりますから
 眼への負担を考えると余りお勧めできません


度数が強くなるほど眼鏡を取ると眼前かなり近くでピントが合います
『見たい距離』って人それぞれなので10センチで快適ならば問題ありませんが
大体30~40cmぐらいが楽な距離じゃないでしょうか!?

遠くも見えて、近くも程よい距離で小さい文字が見えるように遠近両用レンズは存在します。
先程触れた『左右同じ度数の人は殆どいない』と言うことも合わせてのお話。
右目用・左目用でベストな状態が良いと思います。
『遠近両用ってフレームの上下の幅が沢山ないと作れないんでしょ!?』
と、お客様から時々聞かれます。

昔はレンズの性能がイマイチだったので上下幅最低でも30ミリ以上ないと作れませんでしたが
(※35mm以上だったかな?)
現代は各社レンズの設計が格段に上がり、
上下幅無くても十分レンズの性能を引き出しつつお作りいただけます。

とは言え上下幅あるフレームあるデザインを選ばれた方が視界たっぷりで
メリットがあるのも事実。
しかし輪郭の視点からフレームのデザインが上下幅狭いデザインが
お似合いになる方も沢山いらっしゃいますので無理に上下幅があるデザインを
選ぶ必要はないかと個人的に思います。

■ではどれぐらいの幅で遠近両用レンズが入るか!?

上下幅26mm確保できれば十分です


26mm言われてもどれぐらいかピンと来ないと思います
コチラをご覧ください。

IMG_9451.jpg
切手の幅と思ってください。これだけあれば遠近は遠くも近くもちゃんと見えます

参考までに。  チャオ。
国内のスマホ普及率が8割に近づいております
となるとどーしても『目が酷使』されがちでございます

■20代~30代(調節サポート系が楽です)
■40代 (40代前半・調節サポート系~後半・遠近両用レンズにシフト)
■50代~(遠近両用レンズ)



■調節サポート系と遠近両用レンズの違いが良く分からない・・・
調節サポートはこうです↓
img20180419_19240459.jpg

img20180419_19233636.jpg
20代~30代はサポートする為の目が楽になる度数が入ります
それによりスマホや近くが楽に見えるのです
※周りからみてサポート度数が入っているのは分かりませんのでご安心を^^

遠近両用レンズの場合↑のイラストのサポートするエリアの度数が強い度数が入ると思ってください。


レンズの上部と下部に違う度数が入る点では
サポート系レンズも『若い人の遠近両用レンズ』と言えるかも知れません。


遠近両用レンズについて
消費者と眼鏡業界にギャップがあるようです

そもそもレンズに種類があることがほとんど伝わっていないと言うデーターが。

遠近

このあたりも今後ちゃんと伝えていかなければなと気が引き締まる思いです。
老眼の話の前にサングラスの話を。
ここ数年、外出時サングラス装用される方をお見かけすることが増えました
わたくし自身外出時サングラスを使用しておりますが本当に楽です。
曇りの日でさえ、どれだけ眩しい中で目がさらされているかが
サングラスを掛けると分かります。

サングラスと同じぐらい掛けると楽なのが老眼鏡を筆頭に種類が多数の手元対策レンズ。
40代から全員老眼が始まります。頑張って掛けないで見る方も多いのですが
楽なので掛けちゃった方が良いんです。

サングラスも初期老眼も大切なのは『疲れ目対策』でございます。

日本と言う国は素晴らしい国で海外と比べると
疲れ目対策の老眼鏡が種類豊富なのでこれを使わない手はありません

近日、後日この話の続きを。
img_lohas_craft0.jpg



# 固定要素

固定要素:a
固定要素:b
固定要素:c
固定要素:d
固定要素:e
固定要素:f
固定要素:g